読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なんでもない日

普通の日常、11歳の娘がいるシンママのお話です。

カンフーでイベントに出演!

11月のお話ですが、地元で少し大きなお祭りがありました。
それと付帯して近所の中学校で「こどもフェスティバル」があり、こどももカンフーで参加しました。

もう2年ぐらい通っています。
近所の公民館で週に1回練習です。

関連する教室が各地にあり、それぞれ地元のイベントに参加しながら普及活動をしているようです。
こどもは、初のイベント参加。




演武が終わって記念撮影です♪

ユニフォームがカッコいいですね(●´艸`)

12月はイヴニングパーティーがあり、門下生が日頃の練習を発表します。
写真や動画も撮ったのですが、子どもたちが多すぎて姿が見え隠れ。。。
大きい子達や先生の演武は圧巻でした!
棒を振り回したり鎖を振り回したり、組み手(?)もあり素晴らしかったです。


ずっと子どもにカンフーを習わせたくて、小林サッカーやカンフーハッスルなどの映画を見せ、興味を誘ってみました((*´∀`)
ワイヤーアクションなんかは
「カンフーが上手になったらこんな高くジャンプできるんだねー!!」
「すごーい!空飛んでるし!」
など言いながら、子どもを唆し、カンフーのカッコよさを叩き込みました。

少林サッカー デラックス版 [DVD]

少林サッカー デラックス版 [DVD]


止めを刺したのがベストキッドでした。

ジャッキー・チェンとジェイディン・スミスのやつです。
黒人の男の子が転校を機にいじめに遭い、カンフーを通して身体も心も成長していじめっ子を見返してやるお話です。
主人公はウィル・スミスのお子さんですね。

子どもは自分と同じ年頃の主人公に酷く共感し、ぼろぼろ泣きながら映画を観ていました。
ジャッキーが
「カンフーは平和のためにあるものだ」
というと、いそいそとメモを取っていました(´;ω;`)ウッ


今ではその新鮮な心も薄くなっています(;´Д`)

あまりやる気が感じられず。
かといって辞めもせず。

先生もちょっと頼りない。

でも毎週ちゃんと通ってはいます。
家でも型の練習をしています。
母としてはずっと続けてほしいと思いますが、中学校に上がると部活とかあるしどうなることやら。