読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なんでもない日

普通の日常、11歳の娘がいるシンママのお話です。

子どもと通信教育

こども

 

子どものお友達は小学校に上がる前から公文に通っている子が多く、小学校に上がると「公文に通いたーいー!!」と奇声を上げるようになりました。

 

でもウチには公文に通わせるお金がないので、進研ゼミをすることに。

ちゃんと、毎日1ページはすると約束して、最初の1年間は赤ペンも期日内に提出していました。

期日内というか、届いたその日にテキストの半分を終え、月半ばには赤ペンを提出するというハイペース。

1年間赤ペンを期日内に提出できたということで、ベネッセより小さな表彰状が届いて、家でささやかな表彰式をやりました。

 

 

そして2年目に突入して。。。

 

 

赤ペン先生が代わったことを理由に、テキストをだんだんやらなくなりました。

何とか赤ペンまでさせて、もちろん期日内に提出することも無くなり、やっとこさで2年目が終わりました。

ポイントだけは溜まってるので、お絵かきセット(クレヨンや色鉛筆、絵の具などのセット)と交換して、子どもは満足。

 

 

3年目はさらに酷くなり、テキストをまったくやらなくなりました。

口うるさく言うとやっとこさテキストをするのですが、ある日母は気づきました。

テキストを全くせず、赤ペンだけ提出していたのです!

それでもソコソコの点数が取れていたので、この進研ゼミは必要ないのではないかと思い、ちょうど個人情報流出事件もあって4年生に上がる頃に退会しました。

 

本当は親と一緒にテキストとか赤ペンとか出来ればいいのですが、私の仕事の都合上、一緒にテキストをする時間が取れなくて、また初年度はちゃんとやっていたので、子どもにまかせっきりにしていました。

これは私も悪いです。

 

 

4年生にもなるとクラスの半分ぐらいが塾に通っていて、子どもも例に漏れず塾に通いたがるように。

ですが、塾の費用がどうしても出せない。。。

また通信教育をしようかと。

進研ゼミ以外でアレコレ検討し、テキストの内容と費用を考慮した結果、Z会通信教育をすることになりました。

 

5年生に上がるときに、Z会通信教育を申し込み、子どもにはちゃんと毎日やることを約束しました。

まずはお試し教材から請求し、小学生コースと受験コース両方届けてもらいました。

子どもに見てもらうと、受験コースは非常に難しく全然歯が立たなかったので、普通に小学生コースで契約することに。

今度こそは、計画的にテキストを進め、添削も毎月決まった日に出すように約束し、頑張ることを子どもと話しました。

 

最初の2ヶ月ぐらいはきちんとしていましたが、やはりだんだんとおサボりが。。。

それでもテキストはきちんとこなし、添削も2か月分まとめて出したり、テキストはちゃんとやってもらいました。

 

ある日、テレビで子どものお小遣いについて放送していて、それを見て「私も毎月お小遣いがほしい!」と子どもが言い出し(必要なときにしかあげてなかった)、騒ぎ出しました。

 

母「約束も守らない人の何でお小遣いあげないといけないの?Z会のテキストも計画的にやってないし、約束破ってばかりじゃん」

 

子「明日からちゃんとやるから!」

 

母「信じられん」

 

子「絶対守るーー!」

 

母「じゃあ、ちゃんと期日内にテキストを終えて添削も出して。それが出来たときにお小遣いあげるよ。机もちゃんと片づけしてよ。」

 

子「わかった。」

 

お小遣いパワーで子どもが本気になりました。

そして自分で計画表を作り、冷蔵庫に貼りました。

 

 f:id:yucb399:20161016204439j:image

 

 

 添削が「1039」になってるのがカワイイ(*´∀`)ヶラヶラ

先月は達成できたので、初のお小遣い500円をあげました。

予想もしない大金だったと、大変喜んでいました。

目標があると頑張れるんですね。

自分からやりたいと言い出した割には、飽きっぽいところが私にそっくり。

でも、今月も母との約束を守り、コツコツとテキストをやっています。

週の3日は習い事がありますが、今のところ両立して出来ています。

テキストの休みの日も自分で設定しているみたいで、無理なく確実にという所でしょうか。

 

Z会通信教育の成果は、成果が出てからお知らせします。

今のところは現状維持です。

 

 

 

 

めずらしく長いブログになりました。

これから、子どもがどのような成長を遂げていくのか楽しみです。

 

 

www.zkai.co.jp